成長を促す効果的な飲み物とは

成長期の子どもが身長を伸ばしていくには食事と同様に効果的な飲み物もあるのでは?そこで一番に思い浮かぶのが牛乳ではないでしょうか。実は牛乳以外にも成長を促す飲み物はたくさんあります。

どのような飲み物が身長に効果をもたらすのか。必要な栄養分と一緒に見ていきましょう。

子どもの身長を伸ばす効果的な飲み物

成長期の子どもは身長を伸ばすために必要な栄養素があります。カルシウム・マグネシウム・たんぱく質・亜鉛などはとても大切な栄養素であり、食事のほかに飲み物でも摂取することができます。

【牛乳・スキムミルク・抹茶・ココア】

牛乳・スキムミルク・抹茶・ココアはカルシウムを多く含む飲み物です。

カルシウムは成長の基盤となり骨を形成する働きをします。カルシウムを主にした栄養素が合わさることで身長が伸びる仕組みになっています。

【ココア・豆乳】

ココア・豆乳はマグネシウムを多く含む飲み物です。

マグネシウムはカルシウムの沈着を防ぎ、体内に効率よく取り込む効果があります。骨の強度を高めてエネルギー代謝にも役立ちます。

【牛乳・飲むヨーグルト・抹茶・ココア・昆布茶】

牛乳・飲むヨーグルト・抹茶・ココア・昆布茶はたんぱく質を多く含む飲み物です。

たんぱく質は細胞の栄養となる栄養素。骨を伸ばす働きがあり、たんぱく質のなかのアミノ酸には成長ホルモンを分泌する効果があります。

【抹茶・ココア・野菜ジュース】

抹茶・ココア・野菜ジュースは亜鉛を多く含む飲み物です。

亜鉛はたんぱく質の合成に必要な栄養素のひとつ。体の組織を成長させ、亜鉛が不足してしまうと身長は伸びづらくなります。

野菜ジュースはコンビニやスーパーなどで「手軽に一日分の野菜が摂れる!」とアピールしているものが並んでおり、これらの野菜ジュースにはほとんど亜鉛が含まれています。

牛乳は骨をつくるための成分

背を伸ばしたいなら牛乳をたくさん飲めばいい!と信じている親は少なくありません。たしかに牛乳はカルシウムを豊富に含んでいるので子どもの成長には欠かせない栄養素です。

カルシウムには骨密度をアップして骨を丈夫にしたり、骨を強くする働きがあります。そのため、骨を伸ばして身長を高くするという働きは見込めません。

身長を伸ばすにはカルシウムのほかに、マグネシウムやビタミン、たんぱく質や亜鉛といった成分を一緒に摂ることが必要になります。カルシウムは不足すると成長不良を招く恐れもあるので、摂取しやすい方法で効率よく摂っていきましょう。

コーヒーやコーラはカルシウムを排出させやすい

コーラにはカルシウムの吸収を阻害する成分「リン酸」が含まれています。また、ジュースに多く含んでいる砂糖もカルシウムの排泄量を増やしてしまい骨を溶かしてしまいます。コーヒーは利尿作用が強く尿からカルシウムが流れ出る可能性があります。

少しでも多くのカルシウムを摂取したいと思っているのであれば、こうした作用のある飲み物はなるべく控えるように心がけましょう。

牛乳の飲みすぎは太る要因になる

カルシウムをたっぷり含んでいる牛乳は、他のビタミンとの併用で身長の伸びが期待できますが、脂肪分も多いので、ガブガブ飲みすぎると肥満を引き起こす可能性が高いです。

肥満が思春期を早める

肥満になると成長期のホルモンが盛んに分泌されて、思春期を早めてしまうことがあります。思春期の到来が早いと身長が伸びる期間も早まって伸びが止まりやすくなります。

満腹感がほかの栄養摂取を遮る

牛乳はカロリーと脂質がそれなりにあるので、満腹感を感じる飲み物です。牛乳を飲みすぎるとほかの栄養摂取がおろそかになってしまうこともあり得るので、身長の伸びに影響が出る可能性があります。

牛乳が苦手な子どもはスキムミルクも効果的

スキムミルクとはいわゆる脱脂粉乳のことで、現在ではスキムミルクという呼び名が一般的になっています。原料は生乳でそれを遠心分離して乳脂肪分だけを分離させたものです。

スキムミルク(脱脂粉乳)には、牛乳にも含まれている良質なたんぱく質やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素がそのまま含まれているので、身長を伸ばすのに効果的な飲み物です。

スキムミルク(脱脂粉乳)のメリットは、脂肪をほとんど含んでいないため長期保存が可能になっていることです。牛乳と比較するとエネルギーは半分程度で脂肪分は3%程度になっています。ですが、カルシウムやたんぱく質などの栄養素はほぼ同量なので、成長期の骨の成長にも良い影響を与えます。

スキムミルクを上手に摂取するための方法

スキムミルク(脱脂粉乳)は50℃~60℃のお湯に溶かしたり水に溶くと飲みやすくなります。また、コーヒーに入れても飲むことができますが、風味をクリーミーにするクリーミングパウダーよりも脂肪が少なくたんぱく質が多いことで、さっぱりした味わいになります。

成長期の子どもに飲ませるには、ヨーグルトに混ぜるとカルシウムなどの栄養素が強化されるので非常に効果的です。さらに、乳酸菌も摂取することができるので腸内環境も整えることができます。

ココアと豆乳は成長ホルモンを促す

背を伸ばすには成長ホルモンを促すことが重要です。身長の個人差はこの成長ホルモンの量が左右していて、日々の生活での食生活・運動・睡眠の3つを良質なものにすることがカギになります。

ココアと豆乳には飲むタイミングや成分で成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

【ココア】

ココアは睡眠と関係が深く、寝る前に飲むことでストレスを軽減し身体の緊張をほぐしてくれます。副交感神経が優位に働くと自律神経のバランスが整い、リラックス効果を得ることができて良質な睡眠がとれるといわれています。

良質な睡眠には「快適な眠りを得るために必要なホルモン」と、「眠ることで分泌されるホルモン」の2つがあります。

快適な眠りを得るために必要なホルモン

眠りを作り出すメラトニンというホルモンは、自律神経に働いて副交感神経を優位にする鎮静効果をもっています。メラトニンを増加させると、睡眠の質の向上につながり身体のリズムを整えます。

眠ることで分泌されるホルモン

睡眠によって分泌が高まるのが成長ホルモンで、人間にとって重要な働きをしているホルモンです。成長ホルモンは寝ついてから最初の2~3時間の間に訪れる深い睡眠、つまりノンレム睡眠のときに多く分泌されます。長時間寝ることに効果はなく、眠りの質が大切になります。

【豆乳】

豆乳はあまり知られていませんが、身長を伸ばすには魅力的な栄養豊富な飲み物です。豆乳には「イソフラボン」が大変多く含まれています。

このイソフラボンは美容効果として人気が高いですが、実は成長ホルモンの分泌促進としても効果的で現代人に不足しがちな必須アミノ酸も含まれています。

最近では子どもでも飲みやすいように味付けがされた、調整豆乳も増えてきていて、骨の成長をサポートしてくれるカルシウム、マグネシウムもバランスよく入っています。牛乳よりカルシウムとマグネシウムの量は劣ってしまいますが、その代わり骨や体の様々な部分を作るたんぱく質と、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンは多く配合されています。

しかし、アルギニンは食事や飲み物で完璧に摂取するのがむずかしいため、アルギニンのサプリメントを併せて飲むとより効果的です。

また、豆乳には「トリプトファン」が含まれていて、この成分は良質な睡眠を作るために必要な成分です。「トリプトファン」は脳に作用してセロトニンを作り、睡眠を促すメラトニンへと変化します。

牛乳をカバーする飲むヨーグルト

飲むヨーグルトは、固形のヨーグルトをそのままかき混ぜて柔らかくし液体にしたものです。決してヨーグルトを水分で薄めたものではなく、牛乳とほぼ同じ量のカルシウム、たんぱく質を摂取できる飲み物です。

ただし、たんぱく質は牛乳よりも少なく、糖分も多いため過剰摂取は肥満を招く恐れがあります。

不足しがちな栄養素はサプリメントで摂取

子どもは飲み物でも好き嫌いがあり成長期にたくさん栄養素を摂取するのは不可能です。だからといってそのままにしておくと、カルシウム不足や充分な栄養が足りずに身長が伸び悩んでしまいます。そんな時は、粉末ドリンクタイプの身長サプリで足りない栄養を補うのが効果的です。

粉末ドリンクタイプの代表として、アスミール・セノビック・ノビエースがあります。それぞれに栄養素など特徴があるので身長サプリ選びの参考にしてみてください。

【アスミール】

アスミールはアルギニンや亜鉛、プラセンタが高配合されていて、牛乳に溶かして飲むココア味のドリンクです。また、3つの異なるカルシウムとビタミン類も配合されているので、効率よくカルシウムを吸収することができます。

栄養成分がバランスよく豊富なので効果も期待されます。香料が使われていますが、安全性が高いのがメリットです。

【セノビック】

セノビックはカルシウムや鉄、ビタミン、ボーンペップなどが配合されていて、アスミールと同様に牛乳に溶かして飲みます。味はミルクココア、いちごミルク、バナナやヨーグルト、ポタージュ味など種類も豊富です。

しかし、いちごミルク味やバナナ味、コーンポタージュ味などには人工甘味料、ステビアが使用されています。ステビアは長期摂取することで不妊を引き起こす可能性や毒性が指摘されています。ほかにも、セノビックに使われている植物加工油脂は人工的に合成されたもので、自然界には存在しない油脂です。

セノビックにはこうした添加物が含まれているので安全性としては心配です。成長に重要なたんぱく質はアスミール・セノビックとも充分に補えないので、肉や魚、豆類など毎日の食事を通してしっかり補ってあげる必要性があります。

【ノビエース】

ノビエースはカルシウムやビタミンDをはじめとして、アルギニンやマグネシウムなどが含まれています。そのほかに、27種類の沖縄島野菜や、スーパーフードのモリンガ、たんぱく質が摂れる大豆由来のプロテインが配合されています。

モリンガとは健康食材として奇跡の木とまで呼ばれています。栄養価が高いモリンガ(青汁)がベースとなっていますが、味付けはココアパウダーでココア感覚で飲むことができます。牛乳に入れて飲むと青汁っぽさを感じないで飲めるのでおすすめです。保存料、着色料も一切利用しておらず安全性としても極めて高いです。

どの商品も口コミは様々で、たまたま成長期で伸びたのか、商品の性質としてこれらの身長サプリを飲んだから背が伸びたのかは個人差があります。いずれにしても、子どもの栄養面で心配であれば、こうしたサプリを活用していくのもひとつの効果的な方法です。

成長に欠かせない飲み物を効率よく飲もう

子どもの身長を伸ばすにあたり、栄養が豊富で魅力的な飲み物は牛乳以外にもたくさんあります。牛乳はカルシウムの代表的な飲み物で、ココアや抹茶といったマグネシウム、たんぱく質、亜鉛を含むものと摂取すれば相乗効果が期待できます。

牛乳が苦手な子どもには代わりとなる豆乳やスキムミルクもあるので、工夫しながら成長ホルモンの促進を高める飲み物を効率よく摂取していきましょう。

SNSでもご購読できます。