身長を伸ばすと噂の栄養素「アルギニン」に、実際効果はあるの?

身長を伸ばすと噂の栄養素「アルギニン」。アルギニン入りのサプリも多く販売されていますね。

しかし、実際のところアルギニンに身長を伸ばす効果を期待できるのでしょうか。他にも、アルギニンの副作用なども気になるところですよね。

そのようなことから、子どもにアルギニン入りのサプリなどを摂取させるべきか悩むパパやママもいるはずです。

ここでは、アルギニンの効果や、おすすめの摂取タイミング、摂取時の注意点、アルギニンを多く含む食べ物、サプリなどを解説します。

アルギニンの効果って?

アルギニンは、次のような効果があります。
・成長ホルモンの分泌促進
・免疫機能の向上
・脂肪代謝の促進

参考:「健康食品」の素材情報データベース
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail601lite.html

特に「成長ホルモンの分泌促進」は、子どもの成長に関わりそうですが、そもそも「成長ホルモン」の効果が気になるところですね。

まずは、成長ホルモンの特徴を簡単にまとめました。
・骨の成長板という場所に働いて、骨を長軸方法に伸ばす
・子どもの頃に成長ホルモンが足りないと、骨が育ちにくく、身長が伸びにくくなる

参考:成長ホルモンの適正使用に関する見解
http://jspe.umin.jp/public/gh.html

このように、成長ホルモンは子供の成長に関係する重要な働きを持っています。

しかしながら、「成長ホルモンの分泌を促進させるアルギニンさえ摂れば、身長は伸びる!」…と早合点はしないほうが良いのです。その理由を次の章で解説します。

アルギニンで本当に身長は伸びるの?

実は、アルギニンを摂取して、実際に身長が伸びたという科学的なデータは存在していません。

アルギニンを投与した子どもと、投与していない子どもの成長率を比べる治験も行われました。しかし、その実験の結果、投与した子どもの成長ホルモン量は増えていたものの、成長率の差は見られませんでした。

参考:「身長を伸ばす効果がある」と宣伝されているサプリメント等に関する学会の見解
http://jspe.umin.jp/public/kenkai.html

では、この結果から、「アルギニンには成長をサポートする効果はない」と結論づけた方が良いのでしょうか?

実は、全くそうとも言い切れません。
アルギニンには、成長ホルモン(=子どもの骨を伸ばす働きを持つホルモン)を増やす働きはあるので、アルギニン単体で身長を伸ばす効果はなくとも、他の要因が加われば、成長をサポートするかもしれない、との期待はできます。

つまり、身長を伸ばす効果を期待してアルギニンの摂取を考えている人は、アルギニンの摂取以外の対策も行うのがよいでしょう。

例えば、アルギニン以外にも成長をサポートする栄養素(特に骨を作る働きを持つカルシウム)を摂取することや、適度な有酸素運動をすることをおすすめします。

アルギニン摂取のタイミングは?

アルギニンを摂取するタイミングは寝る前をおすすめします。

何故なら、成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されるからです。アルギニンの成長ホルモンの分泌促進の働きに期待する場合は、寝る直前に摂るのが良いでしょう。

参考:管理栄養士の河谷彰子氏の見解
http://www.shirokawa.jp/column/kawatani_akiko/2939/

ただし、アルギニンの摂取タイミングを夜にするのは、サプリで摂取する場合のみ意識すればよいでしょう。

アルギニンを含んだ食事を無理に寝る前に食べても、食事時間が生活リズムと合わないと、かえって健康的ではないですからね。

アルギニンを多く含む食品って?

アルギニンを多く含む食品には、次のようなものがあります。

・豚肉
・大豆
・すいか
・卵
・とびうお、いわし、かつおなどの魚介類

参考:食品成分データベース
https://fooddb.mext.go.jp/ranking/ranking.html

上記のいずれも、スーパーで簡単に手に入る、ふだんの献立にも取り入れやすいものばかりですね。

また、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンを含む食材と、骨を作るカルシウムを含む食材を同時に取るのが特におすすめですよ。

なお、食品成分データベース(https://fooddb.mext.go.jp/ranking/ranking.html)によると、カルシウムを特に多く含むのはえび・かに・とびうお・いわしなどの魚介類です。

補足1:アルギニン入りのエナジードリンクは子どもにはNG

レッドブルや、モンスターエナジーといったエナジードリンクも多くのアルギニンを含んでいます。
とは言え、身長を伸ばす目的で子どもにこれらのドリンクを飲ませるのはおすすめしません。何故なら、多くのカフェインを含んでいるからです。

カフェインは一度に大量に摂取するとカフェイン中毒になってしまい、頭痛やめまい、吐き気などの症状を引き起こす可能性もあります。

数本程度で立っていられなくなるほどになって病院に行った人もいるようです。子供はエナジードリンクをジュース感覚で何本も飲んでしまう可能性があることを考えると、子どもにはあまりおすすめできませんね。

参考:NHKクローズアップ現代
https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4036/

補足2:サプリよりも食事での栄養摂取は重要!

ちなみに、サプリよりも食事で栄養素を摂取することを、東海大学医学附属病院の西﨑泰弘副院長は推奨しています。その理由は次の通り。

・食事での咀嚼は、消化液の分泌や脳へ刺激を与える重要な働きを持つ
・サプリだけの生活では、偏った栄養素の過剰摂取で、かえって悪影響を引き起こす可能性がある
・サプリだけの生活では、腸を使わず免疫力の低下を引き起こす

参考:東洋経済ONLINE
https://toyokeizai.net/articles/-/21840

これらのことから、どうやら、サプリはあくまでも補助程度で、普段の食生活の栄養素を意識した方が、健康的な生活を送れそうですね。

アルギニンを含むサプリ

身長を伸ばすための子供向けサプリは、アルギニンを主体としたものよりも、カルシウムやビタミンを主体とした、総合的な栄養補助サプリがほとんどです。その中で、アルギニンを含むサプリには次のようなものがあります。

・ノビルン 主要成分:ボーンペップ(卵黄ペプチド)
・ノビルンジャー 主要成分:カルシウム
・gun-gunアップ 主要成分:カルシウム
・Dr.senobiru 主要成分:アルギニン

ノビルン・ノビルンジャー・gun-gunアップは、子ども向けに開発されたサプリメントです。
パッケージが子ども向き・子どもにおすすめの服用量が指定されている・子どもに食べやすい味がついている(ラムネ味など)などの特徴があります。

Dr.senobiruは、上記の3つのサプリと違い、アルギニン5000mg(1日分)にビタミンB群を多く含んだ粉末ドリンク状のもので、小学校高学年から中高生の特にスポーツをする子どもに向けたサプリです。

一方、アルギニンを多く含むサプリの中には「ULBO PLATINUM」や「オリヒロ アルギニン 1000+亜鉛」などもありますが、これは大人向けの滋養強壮を目的としたサプリです。成長を促す目的での栄養素配合をしているわけではなく、当然、子ども向けの服用量も指定されていません。これらは子どもには摂取させないほうがよいでしょう。

アルギニン摂取時の注意点

続いて、アルギニンを摂取するときの注意点を解説します。

アレルギー体質・喘息持ちの人は、アルギニンの摂取時は、医師に相談するなどして注意しましょう。アルギニンがこれらの症状を悪化させてしまう危険性があるからです。

他にも、アルギニンの有害事象としては、腹痛・鼓腸(腹部にガスが蓄積した状態)・下痢・痛風が報告されています。これらの症状への心配がある人は、アルギニンの過剰摂取に注意したり、医師に相談したりすることをおすすめします。

参考:「健康食品」の素材情報データベース
https://hfnet.nibiohn.go.jp/contents/detail601.html

まとめ

最後に、この記事で述べたアルギニンについての情報をまとめました。

・成長ホルモンの分泌促進作用がある
・単体で摂取量を増やしても身長が伸びたというデータはない
・効果に期待するなら、アルギニンの摂取以外の身長を伸ばすための対策も並行することがおすすめ
・サプリよりも食事での適度な摂取が理想的
・アルギニンが含まれるからといってカフェインの含まれるエナジードリンクは子どもには飲ませるべきではない
・栄養補助としてサプリで摂るなら、子どもには子ども用のサプリがおすすめ
・アレルギー体質・喘息持ちの子どもは、摂取に注意

「子どもの身長を伸ばす」ための確実な方法はありませんが、普段の食事でバランスよく栄養を摂取し、よく眠り、適度に運動することが一番です。

その上で、成長ホルモンの分泌を促進してくれるアルギニンなどの栄養素の摂取も意識することをおすすめします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*