中学生からノビルンジャーを飲んで効果はあるのか!?

小学校高学年から中学生に向けては、一番身長が伸びる時期と考える人が多いと思います。
実際、中学生は部活をする子も増え、「身長が高いともっと活躍できるのに」と周りと身長を比べ、悩んでしまう子もいます。ぜひ中学生の成長の仕組みを知り、身長をのばす手助けをしてあげましょう。

中学生は身長の伸び率が上がります

中学生は一般的に思春期の真ん中となり、身長の伸び率も高くなります。

実際、身長の伸び率があがる時期は人生に2回あり、個人差はありますが、生まれてから3歳までと、思春期となる小学生高学年から中学生の時期となります。

小学生高学年から中学生の思春期は男子11歳頃、女子10歳頃から始まり、思春期が終わる頃、男子17~18歳女子15~16歳頃で身長の成長は止まると言われています。

中学生の平均身長

中学生の平均身長は以下の通りとなります。

13歳 男子 158.8㎝
14歳 男子 164.1㎝
15歳 男子 169.2㎝
13歳 女子 156.4㎝
14歳 女子 155.3㎝
15歳 女子 157.3㎝

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/eiyou/dl/h24-houkoku-05.pdf→第二部身体状況調査の結果参照

中学生の平均身長を見ていると特に男子の伸び率が高く1年で平均で5~6cmの伸び率となります。身長が急に伸びるこの時期は、栄養不足で身長がのび悩むことが無いように日ごろから食生活を気にかけ、補いきれない栄養はノビルンジャーで摂取しましょう。

中学生はカルシウム不足

中学生は身長が急激に伸びるため、多くの栄養素が不足する時期でもあります。特にカルシウム不足は深刻とされています。カルシウムの1日の食事摂取推奨量は以下となります。

・男子

年齢 1日の推奨量(mg/日) 実際の摂取量(mg/日)
10~11(歳) 700 680
12~14(歳) 1.000 675
15~17(歳) 800 533
18~29(歳) 800 415

・女子

年齢 1日の推奨量(mg/日) 実際の摂取量(mg/日)
10~11(歳) 750 605
12~14(歳) 800 606
15~17(歳) 650 433
18~29(歳) 650 366

出典:「日本人の食事摂取基準(2015年版)」

中学生は、成長の為に大人より多くのカルシウムが必要となるため、カルシウムが不足しやすくなります。しかしカルシウムの1日の食事摂取推奨量を見ると、どの年齢でもカルシウムは不足しています。

この大きな要因はカルシウムの体内への吸収率の低さです。1番高いもので乳製品の50%前後、野菜は1番低く20%前後となり残りは体外へ排出されてしまいます。

カルシウムの体内への吸収率を上げるために、マグネシウムやビタミンDを一緒に摂取することでカルシウムの吸収を高める効果があります。

食事で一緒に摂取するのは中々難しいですが、成長応援サプリであるノビルンジャーは、2粒で204㎎のカルシウムが含まれており、カルシウムの吸収をたすけてくれるマグネシウムとビタミンDも含まれている為、カルシウムを効率よく体内に取り入れることが出来ます。

骨端線が閉じると成長が止まります

「骨端線」という言葉はあまり聞きなれない言葉だと思いますが、身長の成長と大きな関係性があります。

身長の成長が止まる理由は、骨端線が成長とともに閉じる事が原因です。この骨端線とは「軟骨が骨へと変わっていく隙間」のことを言います。この骨端線が「性ホルモン」の分泌により閉じてしまうと、二度と開くことはなく身長の伸びは完全に止まります。

骨端線は一般的に男子16歳前後、女子15歳前後で閉じてしまうと言われています。(ただしこれには個人差があり、大人になっても骨端線が閉まっていなければ身長が伸びる人もいます)

つまり骨端線がひらいている間が身長をのばすチャンスとなります。

「成長ホルモン」と「性ホルモン」の関係性

骨端線が閉じてしまうと身長は伸びなくなってしまいますが、この骨端線は「性ホルモン」が分泌されることにより閉じてしまいます。

1 成長ホルモンとは

身長をのばすと言われる1番大切なホルモンです。肝臓や骨に働きかけるホルモンで脳下垂体という、脳の近くから分泌されています。成長ホルモンが分泌する物質が、骨に働きかけることで、軟骨細胞が反応し骨が伸びるため成長ホルモンは、人間の身長を伸ばす働きをしてくれるホルモンといえるのです。

2 性ホルモンとは

 子供が思春期に差し掛かると活発に分泌されるホルモンで、「男性ホルモン」と「女性ホルモン」の2種類あり、男女共にどちらのホルモンも分泌されるようになります。

性ホルモンには、成長ホルモンの分泌を増加させるほか、骨の成長を促進する働きがあります。

この骨の成長を促進する働きが、成長している子供の骨を硬く丈夫な大人の骨へと成長させる為、骨が伸びることがなくなり成長が止まってしまうのです。

思春期に入って身長がグンと伸びたあと、急にピタッと伸びなくなるのは、この2つのホルモンの分泌量が関係しています

ノビルンジャーは中学生に必要な栄養成分がたくさん!

中学生は塾や部活動、中学3年生になれば受験など多忙な時期です。
中学生は栄養やエネルギーの必要量が大人よりも多いものもあり、成長の為に必要な栄養素を不足しないように摂取することが難しいとされています。
そんな中学生の不足しがちな栄養を補うのがノビルンジャーです。

ノビルンジャーには2粒で1日に必要な栄養素の30~40%補うことが出来ます。

・カルシウム 約30%
・ビタミンB! 約40%
・ビタミンB2 約36%
・ビタミンB6 約40%
・ビタミンD 約40%

このノビルンジャーに含まれている栄養成分には中学生の成長を助ける様々な働きがあります。

・カルシウム→骨や歯を強くする。細胞のエネルギーを生成する働き
・ビタミンD→体内への吸収率が低いカルシウムの吸収率を高める働き。
・ビタミンB1→体の免疫力を高め病気になりにくい強い体をつくる働き。
・ビタミンB2→皮膚や鼓膜の成長を助ける働き。
・ビタミンB6→ホルモンの調節作用があり成長ホルモンに働きかける。

またノビルンジャーには2粒でおよそ52億個の乳酸菌が含まれています。
乳酸菌の種類も3種類含まれておりラクリス菌、EC12菌、ラクトピー乳酸菌の3種類の乳酸菌が配合されています。
乳酸菌には細菌から体を守る免疫力強化作用や整腸作用など健康的な生活を送るために大切な成分で中学生が健康に育つためにとても大切な働きをします。

中学生はしっかりと栄養を!

中学生は性ホルモンの分泌が始まり、骨端線が閉まる前の成長期のラストスパートと言えます。この時期にしっかりと栄養を摂ることで体を細菌から守り健やかな成長に繋がります。

しかし中学生は部活や塾などで私生活も忙しくなり、普段の食事だけで成長に必要な栄養のすべてを補うことは難しいと言われています。

食事だけで足りない栄養はカルシウムや乳酸菌がたっぷり配合されているノビルンジャーで補いましょう。

SNSでもご購読できます。