ノビルンジャーとセノビックの摂り方・価格を比較してみた

身長を伸ばすために、成長期(10~18歳ごろ)に子どもの成長に必要な栄養素をしっかり摂取することは、とても重要です。

しかし、食事だけで充分に必要な栄養が摂れているか自信がない…というパパやママも多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが、手軽に子どもが必要な栄養素を摂取できる「ノビルンジャー」というサプリや「セノビック」という成長応援飲料です。

これから、ノビルンジャーとセノビックを合わせて紹介・比較していきますね。

ノビルンジャーって何?

(画像引用:https://nobi-kids.jp/products/nobirunja)

ノビルンジャーは、子どもの成長に必要な栄養素を含んだサプリです。タブレットタイプで、噛んで食べることも舐めて食べることもできます。

ヨーグルト味・チョコレート味・リンゴ味の3種類があり、飲み物がなくても、お菓子感覚で手軽に食べられます。

セノビックって何?

(画像引用:http://jp.rohto.com/senobic/)

セノビックは、子どもの成長に必要な栄養素を含んだ飲料です。牛乳に溶かして飲むことができます。また、アイスに混ぜて食べるのもおすすめです。

セノビックの味は、ミルクココア味・いちごミルク味・バナナ味・ヨーグルト味・ポタージュ味の5種類です。

摂り方の違いをチェック!

まずは、ノビルンジャーとセノビックの摂り方の違いを見ていきましょう。

ノビルンジャーの食べ方

ノビルンジャーはタブレットタイプです。まるでおやつのように噛んで食べることも舐めて食べることもできます。

お菓子感覚で手軽にいつでも食べられるのは魅力的ですが、手軽である分、食べすぎには注意する必要があります。

一度に大量に食べすぎても、栄養が吸収できる量には限界があり、吸収されなかった分は排出される可能性が高いからです。そうなると、もったいないですよね。

セノビックの飲み方

セノビックは、粉末状で販売されています。牛乳に溶かして飲んだり、アイスに混ぜたりして食べることができます。

おすすめは、こんな飲み方です。

1. 小スプーン中盛2杯(8g)のセノビックを30mlの牛乳で溶かしてよく混ぜる
2.1.に、120mlの牛乳を更に加えて混ぜる

セノビックはこのように牛乳に加えるだけで摂取できるので、普段から牛乳を飲むことが習慣になっている子どもには特におすすめです。

ただし、セノビックの推奨量は1日2杯(300ml)のため、これは牛乳を飲みすぎるとお腹を壊しやすい子どもの場合にはおすすめしません。

しかし、牛乳が苦手な子どもの場合は、次のような方法で摂取することもおすすめです。

・バナナを潰して混ぜたホットケーキを作成し、そこにセノビックバナナ味を混ぜる
・牛乳寒天を作成する時にセノビックヨーグルト味を混ぜる
・野菜ジュース200mlに、セノビックヨーグルト味を混ぜる
・ココア味のクッキーを作成する時に、ココア代わりにココア味のセノビックを混ぜる

気になる両者の効果は?栄養素の違いをチェック!

やはり気になるのは、「本当に身長が伸びるの?」ということですよね。

ノビルンジャーもセノビックも子どもの成長に必要な栄養素が含まれています。そのため、必ず身長が伸びると断定はできませんが、成長をサポートする効果は充分に期待できます。

ノビルンジャーが含んでいる栄養素

・カルシウム…骨や歯を作る
・ビタミンB1…糖をエネルギーに変換する
・ビタミンB2…粘膜や肌を健康に保つ
・ビタミンB6…免疫力の向上・筋肉や血液を作る
・ビタミンD…カルシウムの吸収を手伝う
・アルギニン…免疫力の向上・疲労回復・成長ホルモンの分泌を促進
・ラクトフェリン(※)…腸内環境を整える・免疫力の向上
・乳酸菌…腸内環境を整える・免疫力の向上
・マグネシウム…骨や歯を作る

このように、ノビルンジャーは、成長のために必要な栄養素以外にも、健康の維持のために役立つ栄養素も多く含んでいます。

※ラクトフェリンについてコチラの記事でも説明しています。
https://senobio.com/370/

ちなみに、子どもの成長に必要な栄養素は、1日あたりノビルンジャー2粒で、カルシウムは30%、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンDはそれぞれ40%を摂ることができます。

このノビルンジャーの栄養成分について、公式サイトでは次のように解説されています。

“体内に取り入れられた栄養成分は相互補完的に働くため、単に摂取量が多ければ良いわけではありません。だからこそ、『成長戦隊ノビルンジャー』は、 それぞれの栄養素がもつ本来のパワーを発揮しやすい組み合わせや配合量にこだわっています。”
(引用元:https://nobi-kids.jp/products/nobirunja

バランスよく成長に必要な栄養素を含んでいるノビルンジャーの効果は期待できますね。

セノビックが含んでいる栄養素

・カルシウム…骨や歯を作る
・鉄…血液量を増やす
・卵黄ペプチド…カルシウムの吸収率を上げる
・ビタミンD…カルシウムの吸収を手伝う
・オリゴミル…免疫力の向上

セノビックは、骨や歯・血などの、体を作る働きを持つ栄養素と、その働きを助ける栄養素を含んでいます。

ちなみに、子どもの成長に必要な栄養素は、1日あたりセノビック2杯でカルシウムの86%を、鉄は81%を摂ることができます。

体を作る働きをもつ栄養素のカルシウムや鉄をこれだけ含んでいることから、セノビックの効果も期待できます。

毎月いくらかかるの?金額の違いをチェック!

それぞれの金額を比べてみました。

・ノビルンジャー…3,984円(1ヶ月分の摂取量・定期便コースの場合)
・セノビック…2,160円(1ヶ月分の摂取量・定期便コースの場合)

ノビルンジャーは、1日あたり2粒の摂取を推奨しています。1袋あたり60粒のため、1日あたり2粒ずつで、30日間で食べきる計算です。

一方、セノビックは1日あたりコップ2杯分(8g×2杯分=16g)の摂取を推奨しています。
1ヶ月分のセノビック2袋分は、1日コップ2杯ずつで、28日間で使い切る計算です。

どちらも、ほぼ一ヶ月分なのですが、セノビックの料金の方が安いですね。そのため、値段の安さを重視するならセノビックの方がおすすめです。

ただし、セノビック自体は粉末のため、牛乳に混ぜて飲む人が多いはず。(アイスや牛乳以外のジュースに混ぜるなどの食べ方もあります)
そのため、牛乳の金額も計算してみました。

セノビックに混ぜる牛乳の値段がかかることに注意

セノビックの代表的なレシピは、150mlの牛乳にセノビックの粉末を溶かすというもの。
この時、セノビックを飲むために1ヶ月に必要な牛乳の量は、8400mlです。

そして、牛乳の金額が1000mlで200円(※参考:Amazonにおける販売価格)とすると、牛乳代に1ヶ月1680円かかる計算です。

牛乳代込みの1ヶ月分のセノビックの金額は、2,160円+1,680円=3,840円です。こうなると、ノビルンジャーの一か月分の金額:3,984円と大きな差はありませんね。

つまり、もし普段ほとんど牛乳を買わない場合は、 セノビックを飲むために牛乳を買うと、ノビルンジャーと比べて値段はあまり変わりません。

ノビルンジャーの全額返金保証制度をチェック

ちなみに、ノビルンジャーには全額返金保証制度があります。https://nobi-kids.jp/guide

初回商品到着日から30日以内であれば、電話で伝えることによって返金保証を受けられます。
「まずは口にあうかを試したい!」という場合におすすめです。

まとめ

それぞれの特徴から、「普段牛乳を飲む習慣があまりない」場合にはノビルンジャー、「普段から牛乳を飲む習慣がある」場合には、セノビックがおすすめです。

SNSでもご購読できます。