大人でもノビルンジャーは効果があるの?

「あと少し身長が高ければスーツが似合うのに」など大学生や大人になっても身長の悩みはよく聞きます。特に男性は身長が見た目で重要視されている為、コンプレックスを感じる人が多いのかもしれません。

身長の成長には終わりがあり、高校卒業後身長の成長が止まったと感じる方は多いと思います。大人になってもノビルンジャーを食べることで身長を伸ばす効果があるのかリサーチしました。

大人でも身長は伸びるのか

大人になっても身長をのばす方法は「ストレッチで身長が伸びる」や「シークレットブーツを履く」などいろいろな意見、方法がありますが身長が伸びるかは「骨端線」が開いているかが重要になります。 

骨端線とは

骨端線とは、骨と骨をつなぐ軟骨の事を言います。成長期は成長ホルモンの影響でこの軟骨が伸び、骨になることで身長が伸びます。

骨端線が閉まると二度と開くことはなく骨は大人へと成長し終えたという事になります。この骨端線は骨ではなく軟骨の為、レントゲンで撮影すると軟骨部分は写らず骨と骨が空洞状態で写りレントゲンには骨と骨のつなぎ目に隙間が映ります。

骨端線は一般的には

男性17~19歳
女性15~17歳 

くらいまでが骨端線が残っている期間の平均とされています。

しかしこれはあくまでも平均で、なかには男性は25歳、女性23歳くらいまで骨端線が残っており身長が伸びる人もいます。

つまり骨端線が開いている間は身長が伸び続けるという事です。

骨端線の有無は病院でわかる

骨端線が開いているかは大人になって身長をのばしたい人であれば、知りたい人も多いと思います。

この骨端線が開いているかは、レントゲンによって調べることができ小学生であれば成長期に身長が伸びない原因を探らなければいけない為小児科での検診となります。一般的に小児科は15歳までが対象となっており、中学生以上は接骨院で調べることが可能です。

しかし骨に異常や痛みがない限り、骨端線が残っているかを知りたいという理由だけでは、診断やレントゲンを\撮影を拒否されることもあります。

また骨端線の閉鎖は、病気とは診断されない為「保険適用外」とされることが多いです。

骨端線のレントゲン撮影を希望される際は、事前にしっかりと病院に問い合わせましょう。

ノビルンジャーに含まれている大人に必要な成分とは

身長が伸びるかは骨端線の有無によりますが、30代以降からは骨をつくる骨芽細胞と骨をこわす破骨細胞の分泌量が同じになり、歳を重ねるごとに破骨細胞の分泌が骨芽細胞を追い抜き、骨粗しょう症などの病気を引き起こします。

骨粗しょう症などの骨の病気にならない為にも、骨が完成する30代からの栄養バランスはとても大切になります。

ノビルンジャ―の主要成分には大人になっても必要な成分が配合されています。

・カルシウム→ 骨粗しょう症防止 出血時の血液凝固

・乳酸菌→ 腸内環境を整える 体の免疫力向上

・ビタミンB1→ 糖をエネルギーに変え元気な体にする働き、脳神経を活性化してくれる

・ビタミンB2→ 皮膚や鼓膜の細胞生成 代謝を支える働き

・ビタミンB6→ 皮膚、髪の毛、粘膜、爪の再生 

・ビタミンD→ カルシウムの運搬 丈夫な骨にする 免疫力向上

ノビルンジャーは1日あたりの摂取目安量に含まれる当該栄養成分の量が栄養素等表示基準値(18歳以上、基準熱量2200kcal)に占める割合です。

・カルシウム 30%
・ビタミンB1 40%
・ビタミンB2 36%
・ビタミンB6 40%
・ビタミンD  40%

普段の食事にノビルンジャーをプラスするだけで栄養が補え、骨粗しょう症などの病気予防にもつながります。

大人もバランスよく栄養を摂りましょう

大人になっても身長が伸びるかは骨端線が開いているかで決まります。閉じているなら残念ながら身長が伸びることはないと言えるでしょう。

身長を伸ばすという観点から考えると大人とって成長サプリは不要と思われがちですが、歳を重ねればそれだけ必要な栄養素の量も増えます。この機会にぜひ生活習慣を見直し、バランスよく栄養を摂取する為に成長応援サプリノビルンジャーを摂取しましょう。

SNSでもご購読できます。