成長期のプロテインで身長が伸びる説と伸びない説

最近、クラブや部活の監督からのアドバイスもあり、スポーツをしている子どもの中では、身長を伸ばす目的や体格を大きくするために、プロテインを飲む習慣ができているようです。

しかし、「プロテインを飲むと筋肉がつき過ぎて、その筋肉が身長を伸ばす妨げになる」という噂があり、心配する親の声も聞こえてきます。プロテインは、子どもの身長に悪い影響を及ぼすのでしょうか?

プロテインとは?

プロテインは、牛乳や大豆に含まれるタンパク質をパウダー状にした物です。プロテインには種類があり、原材料に牛乳を使っている場合は、ホエイプロテインやカゼインプロテインと言われ、大豆を原材料にしているものはソイプロテインとなります。

プロテインは、日々の食事で不足しがちな栄養素を補ってくれる食品です。栄養補助食品やサプリメントと呼ばれ、薬ではないため副作用もありません。

また、プロテインには、子ども用と大人用があります。子ども用プロテインの特徴は、大人用と比べてタンパク質の量が少なく、カルシウム、ビタミンなど成長に役立つ栄養素も含まれています。

プロテインを飲むと筋肉ムキムキになる?

プロテインの成分はタンパク質なので、ただ飲むだけでは筋肉がムキムキになることはないです。

例えば、ボディービルダーのような体格になるには、専門的なトレーニングが必要になります。プロテインを飲むだけでは筋肉増強はしないため、残念ながらマッチョな体を作ることはできないのです。

成長期に筋肉がつくと身長が止まるのは本当?

それは嘘です。反対に、成長期は「身長は伸びるが筋肉はつきにくい。」と言われます。

なぜなら、体の成長には順番があるからです。身長が伸びるということは、骨が伸びることですが、筋肉は骨が伸びきった後にしか発達しません。

スポーツする子どもに考えられる背が伸びない原因(1)

スポーツクラブや部活で、オリジナルの筋肉トレーニングを取り入れている場合は注意してください。その筋トレが、年齢に合っていないと骨に悪い影響を与えている可能性があります。

激しい筋肉トレーニングはNG!

身長(骨)を伸ばすには、子どもの成長期にしか存在しないと言われる「骨端線(こつたんせん)」が大きく関わります。

骨端線は、軟骨が集まってできており、この部分が増殖し、だんだん固い骨へと成長していくのです。身長を伸ばすというのは、骨が伸びるこの過程のことになります。

骨端線にある軟骨は、通常の骨よりも柔らかいため傷つきやすいです。そこに、関節に負担になるほどの筋トレを行うと、軟骨がつぶれて骨が成長しなくなります。そのため、身長が伸びないという悪影響を及ぼします。

成長期は過度な筋トレはやめよう!

成長期は、身長を伸ばすことができる貴重な時期で、男の子は11~16歳前後、女の子が10~14歳前後です。

そして、個人の発育の速度によって違いますが、男の子は17歳(高校2年生)以上、女の子は15歳(中学3年生)以上で骨端線が無くなり、身長も伸びなくなります。

成長期が終わり骨端線が閉じた年齢から、本格的な筋トレを取り入れて行きましょう。

スポーツする子どもに考えられる背が伸びない原因(2)

子どもの成長期は、人生の中で1番タンパク質が必要とされる時期と言われます。もしかすると、激しい運動量に対して、日頃の食事量では足りてないため、栄養不足になっているかもしれません。

1日に必要なタンパク質の不足

タンパク質の1日の推奨摂取量は、「成長期の年齢にあたる12~14歳の男の子は60g、女の子は55g」です。

また、「成人の男性が60g、女性が50g」のタンパク質を、厚生労働省の日本人の食事摂取基準では推奨しています。つまり、育ち盛りの子どもは、大人並みにタンパク質を摂取しなくてはならないのです。

タンパク質は「肉、魚、卵、大豆製品、乳製品」の食材に豊富に含まれます。タンパク質が不足すると免疫力が弱まり、体調を崩しやすくなったり、疲労回復の遅れなどの原因になります。

他にも、貧血を引き起こす可能性が高まるので気を付けましょう。まずは、運動量に対して、1日の食事で摂取しているタンパク質の量を見直してみてください。

タンパク質以外の栄養補給も大切

激しいスポーツをすると、体内に摂取していたカルシウムやビタミンが、汗と一緒に体外に流れでてしまうこともあります。これは、大量に汗をかく夏場だけでなく寒い冬場でも注意しなくてはいけません。

カルシウムは歯や骨を強くし、身長を伸ばすために必要であり、ビタミンは、カルシウムの吸収を助ける働きがあります。運動量が多い成長期の子どもは、体づくりに必要な栄養素を意識して摂りましょう。

タンパク質の過剰摂取の危険性

腸内環境が乱れる

おならのニオイが臭くなったり、便秘や下痢を引き起こすなど、お腹の調子が悪くなるのは、タンパク質をエサとする腸内細菌「悪玉菌」が原因です。

そのため、主成分がタンパク質のプロテインを飲み過ぎると悪玉菌が増え、腸内環境が悪化してしまうのです。悪玉菌は、アンモニアや硫化水素などの有害物質を腸内で発生させます。

腸内環境が乱れている状態は、便にも表れます。黒っぽく強烈なニオイがある便は、腸内細菌のバランスが悪くなっているということです。

通常の色は、黄色っぽく、形もバナナ状で柔らかいものになります。もし心当たりのある人は、乳酸菌を含む食品やサプリ、発酵食品を摂取して腸内環境を整え、消化機能を回復させましょう。

小児尿路結石の発病率が高まる

動物性のタンパク質を摂ると体内にシュウ酸が増加します。ほうれん草やタケノコに含まれるシュウ酸は、カルシウムと強く結びつく性質があり、体内からカルシウムを尿として排出してしまいます。

そして、尿の中に含まれるカルシウムなどの成分が小さな結晶になります。この結果、固まりがだんだん大きくなると結石ができ、尿路結石を発病します。

尿路結石は、大人の成人病と言われていましたが、最近では、食事の欧米化などの変化から小児にも増えています。

対処法には、動物性タンパク質ではなく、大豆などの植物性のタンパク質を摂るように心がけてください。

他にも、動物性タンパク質は、カロリーやコレステロールが高い傾向があるので、体重増加(肥満)の原因になるので摂り過ぎないようにしましょう。

プロテインの他にも成長サプリメントがおすすめ

子ども用プロテインは、タンパク質の他に、カルシウムやビタミンが含まれています。大人用のプロテインと違い、成長をサポートする栄養素が豊富に入っています。

しかし、ただの栄養補助食品なので、プロテインを飲んだからといって、「筋肉がつきすぎることも、身長が伸びないことも、身長が伸びることもない」のです。

プロテインは、薬ではないため副作用の心配はないですが、飲み過ぎてタンパク質の過剰摂取にならないように注意してください。

タンパク質の過剰摂取が気になったり、身長を伸ばすことをメインとして考えるなら、身長サプリメントを活用する方法もあります。

身長サプリメントは、身長を伸ばすことを主体に考えられていて、さらに成長に必要な栄養素がバランスよく豊富に含まれている商品が多いです。

タブレットタイプなら水や牛乳も必要なく、時間や場所を選ばないので人気があります。手軽に栄養を補えるので、勉強やスポーツに忙しい子どもには、おすすめです。

SNSでもご購読できます。