子供の身長が伸びる時期は2回!

子供を育てていると、様々な事で周りと比べる瞬間があると思います。特に身長は他の子どもとの違いが分かりやすく「周りの子より少し身長が低いのかな」と悩んだことがある人が多いのではないでしょうか?

「子供の身長をできるだけ伸ばしてあげたいと」考えているのであれば、子供の身長が伸びる時期を知ることはとても大切です。
子供の成長期を知り、順調に成長しているか把握しましょう。

身長が伸びる時期とは

成長期とよばれる身長が急激に伸びる時期は人生に2回あり、個人差はありますが

・新生児から4歳頃→第一次成長期
・小学校中学年~18歳頃→第二次成長期

と言われています。

第一次成長期

生まれた時から4歳頃までが「第一次成長期」と呼ばれており、出生時の平均身長50cmから1年で約25cm身長が伸びると言われています。そして出生時から4歳までで身長は平均100cmまで到達し、人間の伸長が1番伸びる時期となります。

第一次成長期は昼寝などたっぷりと睡眠をとらせることが大切です。またしっかりと愛情を注いであげることが、質の良い睡眠に直結する時期と言えます。

第二次成長期

第二次成長期は「第二次性徴期」とも言われており、この時期は成長スパート期となり身長の著しい伸びと同時に大人の体へと変化していきます。

第二次成長期は個人差がありますが思春期へと差し掛かる小学生後期に始まり、男の子は11歳頃、女の子は10歳頃から身長が急激に伸び始めます。

思春期に入ると身長の伸び率は決まっており、男の子は25cm、女の子は22cm前後身長が伸びます。

思春期の身長の伸び率が決まっているということは、思春期に入る前の身長をしっかり伸ばしておくことが大切となります。

将来の身長が決まる大切なこの時期は、運動量が多く消費エネルギーも高い為、質の高い睡眠、適度な運動、バランスの良い食事と生活習慣をしっかりと整えることが身長の伸び率に繋がります。

身長の成長が止まるサイン

第二次成長期は男女ともに思春期に入り、性ホルモンが分泌されるこの時期は身長が伸びるピークと共に体つきにも大きな変化が表れます。

男性

・体毛が濃くなる。
・陰毛、髭が生えだす
・声変わりが始まる

女性

・胸が膨らみ始める
・陰毛や腋毛が生えだす
・初潮(生理)が始まる

このような変化が体に起きることが身長の成長が止まるサインと言われています。

骨端線閉鎖で身長の成長が止まる

また性ホルモンが分泌されることで子供の骨は大人の骨へと成熟します。
その際、子供にのみ見られる骨と骨の隙間である骨端線の軟骨部分が、硬い骨となり骨端線は閉鎖します。

骨端線の平均閉鎖年齢は

・男の子17歳以上
・女の子15歳以上

となり、この骨端線が閉鎖すると身長が伸びることはありません。

ただし身長がぴたっと止まるわけでは無く、成長速度が緩やかに変わり、男女とも平均17~18歳で身長の成長が止まると言われています。

第二次成長期は運動量が多く消費エネルギーも高い為、質の高い睡眠、適度な運動、バランスの良い食事と生活習慣をしっかりと整えることが身長の伸び率に繋がります。

低身長症の可能性も

通常、成長ホルモンの分泌量による低身長症は、3~4歳で判明することが多いです。第一次成長期の身長の伸び悩みや、周りの子と比べ身長の伸び率が気になる際は、低身長症の可能性がある為、1度病院に行くことをお勧めします。

低身長症には、原因が特定されていない「突発性低身長症」が7割と言われ、両親の身長が低い場合の遺伝が関係していると言われている「家族性低身長症」や平均よりはやく思春期が来ることで体が早く大人になり身長の成長がとまる「思春期早発症」など様々な成長障害が隠れている可能性があります。

様々な症状や原因があり治療方法も様々ですが、低身長症の治療として1番多い治療法方が「成長ホルモン治療」となります。

この「成長ホルモン治療」は思春期となり骨の成長が止まると、治療する事が出来ません。つまり早く治療を開始すればそれだけ平均身長へと近付くことが出来ます。

低身長症は平均身長との差を表す「SD値」調べられます。低身長チェックページもあるので気になる人は調べてみましょう。
http://ghw.pfizer.co.jp/c_sheet/ →低身長チェックページ

病院で診察する場合

低身長症は「小児内分泌科」「内分泌内科」に専門医がいます。

持ち物

・母子手帳や学校の健康手帳があれば必ず持参する。
(成長の伸び率を確認する為)
・保検証
・成長曲線を付けている場合は持参しましょう

検査内容

・身体測定
・血液検査(臓器の異常、ホルモン分泌量など)
・手のレントゲンで骨の成長具合を確認
・他の疾患の場合別の検査を行う場合もある

検査結果

検査結果は約2週間から1ヶ月以内に判明します。

成長期をサポートしよう

いかがでしたか。身長が伸びる時期を把握しておくことで、事前に身長を伸ばす準備ができたり、低身長症など病気の早期発見にも繋がります。

成長期は食生活や質の良い睡眠をサポートしてあげる事、そして親として愛情をたっぷり注いであげることで子どもの心が安定し、身長の健全な伸びにつながると言われています。

将来子どもの身長を伸ばしてあげたいと考えている人は、子供の体と心をしっかりとサポートしてあげましょう。

SNSでもご購読できます。